トピックス

TOP > トピックス

森林認証ってなに?SGEC認証材販売中!

弊社は平成18年にSGEC森林認証(CoC認証)を取得し10年目を迎えようとしています。10年前はそれこそ誰も森林認証なんて言葉さえも知らなくて、取得するのも流通させるのにも随分と苦労した覚えがあります。

 

2020年東京オリンピック開催が決定して以降、この状況が一変し、栃木県に於いても森林認証原木が一般的に流通するようになってきました。今まで地道に森林認証制度の普及活動をしてきた訳ですが、大きな流れができると一気に物事は進んでいくんだな・・・と実感しています。

 

さて、今までは認証原木丸太の入手にかなり苦労していましたが、本年6月に県内の森林組合とその後栃木県県有林が森林認証を取得した事により、比較的容易に入荷ができるようになりました。時期的にも伐採シーズンへの突入で、早速良質な森林認証原木が続々と入荷してきています。

 

森林認証丸太 田村材木店

 こちらは弊社が加入している「日光地区木材流通研究会」会長の森林認証山林から出荷された65年生の柱角用原木丸太↑。大貫会長がコツコツ一人で搬出した丸太だそうだ。汗と涙が詰まってそうだね。

 

 

森林認証ヒノキ丸太 田村材木店

こちらは同じく森林認証のヒノキ原木丸太↑。本年認証を取得した森林組合さんから入荷しました。

 

 

森林認証原木丸太 田村材木店

そして、毎度おなじみの高見林業の原木丸太。安定して良材です↑。

 

 

こうした原木丸太を製材して出荷するときにはこんな感じ↓。

森林認証 すりばん 田村材木店

かなり面倒ですが、未だに1本1本手摺りでラベリングしていきます。シールには山林と製材などの情報が記載されています。

 

 

ところで、森林認証ってなんだ?って事になりますが

めちゃ簡単に説明すると・・・

 

 

IMG_6084 山に住んでいる生物達や環境にやさしく!

生業としても継続できる森林を造ろうじゃないか!

そんな森を造るなら「国際的な基準」で認証してあげるよ

というのが、FM(フォレストマネージメント)認証。

 

 

 

森林認証の家 田村材木店

 認証された森から出材される木は

認証されてない森の木と一緒にしちゃだめだよね

じゃあ、その木を取り扱う為の認証が必要になるね

というのが、CoC(チェーンオブカスタディー)認証。

 

 

 

とまぁ、森林認証という制度はこの2つから成り立っているのです。

こんな感じで簡単に説明すると、栃木森林認証協議会の皆さんから苦情が来そうだな・・・

 

 

森林認証の制度に則った森林認証山林から出荷される原木丸太から作られる製品には、建築に限らず皆さんの身近にあるものにも使われています。

 

例えば「紙」。

 

こんなマークを見たことありませんか?

森林認証マーク

これは全て森林認証のマーク。

マークが違うのは簡単に言うと、OKを出す組織が違うから。これ以外にも国毎に認証があったりするのでビックリするほどの種類がありますが、日本で目にするのはこの3つ。どれも意味合い的には同じです。

身近では、駄菓子のパッケージにも使われているので、コンビニに行った際には箱の裏側を確認してみて下さい。ちなみに私は「ポッキー」の箱でこのマークを発見しました!

 

 

一番左は『FSC』のロゴ。

1994年、WWFやグリーンピース等が中心となって設立された団体。一つの組織としては世界で最も大きな森林認証の組織。例えると世界をまたにかける最大手の企業?みたいな感じ?

 

中央は『PEFC』のロゴ。

各国独自の森林認証制度を繋ぐ役割を担った組織。「なんとか協同組合」みたいな感じかな~?

 

そして最後は『SGEC」のロゴ。エスジェックと呼称している。

弊社が取得した森林認証制度。これは日本独自の認証制度として2003年に設立されました。なんで独自かっていうと、日本には熱帯林の破壊とか直接的な関係性が薄くてFSC等の国際的な認証制度にあまり適合しなかった・・・って所でしょうか。近年、国際化に向けてPEFCと相互認証・・・提携?仲間?になったので、弊社でもSGECとPEFCの双方を取り扱う事ができるようになりました。

 

 

久しぶりに長々と書いてみましたが、こうした森林認証の製品を皆さん最終的な消費者が「選んで購入」する事で、間接的に環境保全や持続的な森林育成に貢献してくれているって事になります。特に建築に使用する木材に至っては、現時点では最高レベルの産地証明と製品に対する安心が保証されます。

 

少しだけ「森林認証制度」に興味を持っていただけるとうれしいな~

 

 

 

by もりすぎ 

シーズン到来

夏場は原木の入荷が大変少なく、ご注文に応えられずご迷惑をお掛けしました。

 

しかし、やっと伐採適期に入り上質な原木が続々と入荷してまいりました!!

 

 

 

DSC_0415

 

DSC_0408 (1)

 

DSC_0413

 

 

 

運送屋さんも大忙しです。

DSC_0403

DSC_0404 (1)

 

DSC_0402

 

 

 

【お知らせ】

田村材木店ではスタッフを募集しています。

興味のある方は電話にてお問い合わせください。

詳しくご説明差し上げます。

 

 

BY:のみすぎ

天然乾燥材

 

天然乾燥材の出荷の為、

半年間桟積み自然乾燥を行っていた杉材の挽き直し・4面プレーナー加工をしました。

 

 

加工前はこんな色

 

DSC_0328

 

太陽光を浴びてシルバーグレイに色が変化しています。

これは正に経年美化、綺麗なものです。

着色で出せる色気ではありません。

 

 

 

 

 

4面プレーナーに通します。

 

DSC_0317

 

DSC_0329

 

これまた美しい。

天然乾燥の木肌色は、赤身が特に美しく見えます。

朱色と言いましょうか、東雲色と言いましょうか優しく品のある色です。

 

 

 

 

DSC_0326

 

弊社ではこの様に、木口にタグを付けて日付を管理しています。2~3年物から10数年物?まで、多様なサイズでストックがあります。

 

 

 

木材選定の際の必須判断条件でもある「乾燥」。

その方法にも目を向けてみてください。

 

BY:のみすぎ

 

 

朽ちかたの違い

 

3カ月程のプチ実験(と言う程でもありませんが)の結果が出ましたのでご報告を。

 

 

 

弊社の倉庫で商品の養生用に使っていた「針葉樹合板」の9㎜厚品、

 

DSC_0259

 

乱暴に扱っていたのでずいぶんと傷だらけの針葉樹さんですが、

 

こちらに実験台になってもらいました。

 

 

 

 

まずは弊社の天然乾燥倉庫の片隅、駐車場近辺のアスファルト露天にベタっと敷きます。

 

朝から晩まで太陽にさらされて、雨が降れば止むまで濡れ続けることができる、

 

実験に最適な環境を持った場所です。

 

それから・・・

 

あとは数ヵ月待つだけです(笑)。

 

 

 

 

 

 

あれから10週間~

 

あの針葉樹さんが脅威の変貌を遂げました。

 

こちら↓

 

DSC_0252

予想通りですが、予想以上のヨレヨレっぷりに「合板不信」になりそう。

 

日本の住宅建築には、床下地・屋根野地板・外壁下地・内装壁下地に合板が使われていますし、

 

さらに言えば複合フローリングの基材・貼物の和室天井板の基材等にも使われています。

 

こんな過酷な条件下での使用は無いとしても、ちょっと嫌な感じですね。

 

 

 

 

 

比較対象として、杉の無垢材を同様の条件下で半年以上放置してみました。

 

合板よりは厚い 20㎜×200㎜ サイズですが、写真の様な状態です。

 

DSC_0253

 

これまた予想通りではありますが、予想以上に劣化が進んでいません。

 

紫外線の影響で表面は黒ずんでいますが、カットした木口にて内部に経年の影響が出ていないことが確認できます。

 

 

 

この他に、弊社事務所の外壁に使用している杉板、築21年の経年変化です。

 

DSC_0256

 

DSC_0257

 

古さは否めませんが、現役でバリバリやってます、若い者には出せない味があります。

 

 

 

 

 

 

合板や新建材等の工業化製品は、便利で施工性も良く供給体制もしっかりと整っていますので、

 

施工側は非常に採用しやすい資材です。

 

しかしその反面、冒頭で示した様な脆弱性も持ち合わせています。経年と共に劣化して、

 

決して経年美化と呼べる変化はしません、味わいも無く朽ちるだけです。

 

 

 

 

 

「合板が無ければ家が建たない」などということはありません。

 

元は本物の木材だけで家は建っていたのですから。

 

下地材から外壁材まで、田村材木店ではその供給が可能です。

 

永く住まうためにご一考ください。

 

 

BY:のみすぎ

夏季休業(お盆休み)のお知らせ

お客様各位

 

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

弊社では下記の通り夏季休業(お盆休み)とさせて頂きます。

何卒御了承下さいますよう宜しくお願い申し上げます。

 

夏季休業  2016年8月13日(土) ~ 2016年8月16日(火)

 

※8月17日(水)からは通常通りの営業となります。

※製材機等メンテナンスの為、製材業務は8月10日(水)迄となります。

感謝祭(木工教室)を開催しました。

7月30日(土)。晴天にも恵まれ、御協力頂いた皆様のおかげで

感謝祭を無事開催する事が出来ました。

 

御協力いただきました、木づかいスタッフ(ボランティア)の皆様。

栃木県県西環境森林事務所の県職員様。

ありがとうございました。

 

 

日頃の行いが良い?せいなのか晴天に恵まれすぎてまぁ暑い。

それでも感謝祭の会場にした弊社の天然乾燥施設の屋根の下は

ほどよく風が通ってかなり心地よい感じ。

天然乾燥施設,トラス,日光 杉

なるほど・・・ 

この施設内で横になって乾燥している木材達はこんな感じなのか・・・

・・・なんて木の気持ちになったりして。

 

 

さてさて、当日の感謝祭の模様はこんな感じ。

 

IMG_4147

AM9:30の受付開始と共に多くの皆さんが御来場。

 

簡単な御挨拶と御礼をさせて頂いて、早速作業開始!

木工教室 田村材木店 日光 1

木工教室 田村材木店 日光 2

天然乾燥材をあちらこちらに移動して、例年よりも広いスペースを確保したのですが

参加者が200名を超えるとそれでも若干手狭な感じ。

 

例年通り、『HELP!』旗を準備して、図面だけじゃ解らない行程をその都度助っ人。

白旗があがったぞ~!!

なんて感じでスタッフがあっちに行ったり来たり。

終了まで絶え間なく続く人の出入りで、もうヘトヘト・・・でした。

 
木工教室 田村材木店 日光 4
木工教室 田村材木店 日光 5
木工教室 田村材木店 日光 6

毎度の事ですが、事前にどこまで加工しておくのか悩むところです。

長さはカットしておいたほうがいいのか?

釘打ち用の穴は開けておいた方がいいのか?

最終的には「地元産の木に触れる」事が大切って事で

細部の加工まで施して、組み立てるだけなっちゃうんですけどね。

それでも結構、四苦八苦しながら皆さん楽しんでいたようでした。

 

田村材木店の木工教室は、「ちょっとステキな一品」をコンセプトに

製作品を決めていますが

今年は「飾り棚」と「子供椅子」

そしてメインはこちら「ハンガーラック」!

の3品からお好きなものをチョイスでした。

木工教室 田村材木店 日光 8

かなり手間隙かけてこしらえた木工キット!

組みあがると、かなりデカイ!

もうこうなると、なんだか木工教室の域を超えているような・・・

 

  木工教室 田村材木店 日光 10 木工教室 田村材木店 日光 11

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

着色して 飾ってみるとこんな感じ。

作った方も、提供した方も、かなり満足!

 

そして・・・やはり一番人気は↓キッズコーナー

木工教室 田村材木店 日光 9

恒例の端材を使ったブロックパズル。

そして輪ゴム鉄砲。

 

それにしても、綺麗に整理整頓して準備しておいたはずなのに・・・

こどもの破壊力は恐ろしい・・・

 まぁ楽しんで木に触れてくれればそれでOKですね。

 

 

今回御用意した木材は全て「とちぎ日光産 杉(スギ)」。

結構 長い時間を掛けて準備してきた最大の目的は

 

栃木の森林を知ってもらう事。

栃木の木を知ってもらう事。

木の素晴らしさを知ってもらう事。

 

木を上手に無駄なく、そして適正に使って循環させることが

「森を守り、未来に繋ぐ」ことが出来る。

こうした啓蒙活動は材木屋の使命でもあるんでしょうね。

 

一役買って頂いたのは、栃木県県西環境森林事務所の職員さん。

休日返上で講話に来て下さいました。

★IMG_4151

森の働き。

森の役割。

木を使う事で循環する仕組み。

 

ちょっと難しい話も挟みながら、解りやすく御説明を頂きました。

ありがとうございました。

 

こちらも恒例の日光と言えばかき氷。 ★IMG_4204

今年は綿菓子なんかも増えて、イベントっぽくなりました。

 

来年(2017年)も今年と同じ7月の最終土曜日に開催をすることになると思います。

今回、定員オーバーで参加できなかった方、予定が合わずに参加できなかった方、是非来年はお待ちしておりますので、弊社のホームページで、募集をチェックして下さいね。

 

 

最後に。

弊社を支えてくれているお客様

御理解と御協力を頂いている地域の皆様

未来の森を守るこどもたち

そして木が大好きな皆様

 

本当にありがとうございました。

 

また来年、社員一同精一杯のおもてなしで元気に開催しますので

その際はまたご参加下さい。 

感謝祭(木工教室)申込状況 その2

感謝祭(木工教室)開催まであと1週間。

木工キットの残りも、もうチョイで終了です。

 

予備で残していた分も出してしまおう!という事で

受け付けを延長して、お申し込みをお待ちしております。

 

さて、あと1週間後に迫って準備にあたふたしていますが

「キッズコーナー」で作成する木工キットのひとつを披露?しましょう!

 

じゃじゃ~ん。輪ゴム鉄砲~

  
輪ゴム鉄砲 (木工教室)


木ダボで固定するだけの簡単設計! 

銃身を長めにしたので威力抜群!

色を染めてかっちょよくしちゃおう!

 

 

そんなこんなで30日(土)に「感謝祭」を開催しますのでお楽しみに~

 

感謝祭(木工教室)申込状況

7月30日(土)開催の、田村材木店「感謝祭(木工教室)」の申し込み状況をお知らせいたします。

 

【7月16日(土)現在の木工キット残数】

 

● ハンガーラック  残り10 SET

● 子供椅子     残り14 SET

● 飾り棚      残り12 SET

 

残数が無くなるまでお申し込みを受け付けておりますが

予告無しに受付終了になる場合がありますので、その際は御了承ください。

 

お申し込みは、「感謝祭(木工教室)開催のお知らせ」をご覧頂き

お問い合わせからお申し込みください。

感謝祭(木工教室)開催のお知らせ

田村材木店は、大正10年創業。

多くの皆様に支えられ、あと数年で創業100年周年を迎えようとしています。

本年、こうした感謝の気持ちを材木屋らしい「カタチ」に変えて

「感謝祭」を開催することになりました。

 

詳しくは下のほうに記載していますが

開催日時:2016年7月30日(土) 10:00~15:00

今年は地元「大谷向自治会」との共催で開催いたします。

 

栃木県日光市の約8割は森林。 ちず

木と深く繋がった環境にある。

木に触れ、木を良さを実感し

木を使ってもらうことが循環する仕組みを造ることを

知って頂きたい。

地域の皆様、お世話になった皆様へ感謝の気持ちを還元し

こうした「森・木」への理解を深めてもらう事が今回の目的です。

 

内容はというと・・・

メインは毎度おなじみの「木工教室」。

前回開催したときもおかげさまで150名程の皆様にご参加頂きました。

他で行っている木工教室とちょっと違うのは

作る木工品がおしゃれでいい感じ!しかも参加費無料!

ってこと。

 

ちなみに前回開催の様子はこちらから確認してみてください。

(田村材木店HP→トピックス→EVENT→木工教室を開催しました。)

 

 

さて、今年はというと・・・

自治会の若奥様方の要望を多数募り

あれはできない、これならできる、これは大きすぎ。

なんて検討した結果、今年は↓の3種類に決定!

 

子供椅子

「子供椅子」。

以前にも製作したことがある「子供椅子」が要望に応え再登場!

 

意外とお手軽に製作できてキットの準備も楽w

大型の木工作はちょっときびしい・・・なんて方におすすめ!

以前同様、欠き込み加工や釘打ち穴まで加工済みで

はめ込んで組み立てていく感じ。

お子さん一人じゃちょっと厳しいけど、親子で協力して作る!

って感じで是非挑戦してみてください。

 

 

 

 そして、さらに簡単にもう一つ作りたい!という要望に答え準備しているのは

飾り棚

こちら「飾り棚」。

二つの箱がちょうばんで接合されていて開け閉め?が出来ちゃう雑貨屋さんで見かけるかわいい箱棚。

この飾り棚は、長さのカットは勿論、縦枠に欠き込み加工をして、釘を打つ穴まで加工済み。

お子さんが中心となってサクッと木工作できる一品!

自分で作る!ってことをさせてみたい保護者の方にはおすすめです。

 

 

 

そして!

今回のメイン木工品。

弊社地元の自治会の若奥様から募った「これを作りたい!木製品」コンクール?

で選ばれたのがこれ ↓ 「ハンガーラック」。

ハンガーラック

写真にはぼかしが入っています。

なぜかというと、若奥様方がネットや雑誌等でこれ欲しいな~を探して各々に要望を頂いた中での選出なので、著作権の関係上ハッキリとお見せする事はできませんw。これをベースに見よう見真似で粗粗同じものを作ることになりました。実際に購入するとお幾らするのかは解りませんが、流石にプロの仕事。これと粗同じに作るためには相当の技術が必要だと後々解り、かなり後悔することになりました。

 

この木工教室は、毎度100名を超える方々にご参加いただいているので、弊社のスタッフだけでは一人ひとりに張り付いて指導する事ができません。更に本年は300名規模で行おうとしているので、木工キットも設計図を頼りに各々で製作をして頂かなくちゃなりません。そうなると、重要なのが「事前加工」。

子供椅子や飾り棚は想定通りの事前加工が出来たのですが・・・

このハンガーラックにはホント参った。

 

こうしたシンプルなものほど加工精度が重要で接合部の技術が必要。

完成品として販売目的で生産するならまだしも

木工教室なので準備するのは「木工キット」。

誰でも作れるパーツを作るってことは、それとは全く違った労力。

 

一言で言うと「木工教室」で作れるようなものじゃない・・・

 

しかし、一旦引き受けちゃったからな~ ・・・ってことで、一から図面を引き、かなり複雑な加工を施し、親子木工教室の枠を突き抜けて「大人木工教室」の一品として提供する事になりました。こちらを選択される方は相当の時間と最後まで作るぞ~という固い意志が必要ですw

 

とまぁ、そんなこんなで「子供椅子」「飾り棚」「ハンガーラック」を

地元、日光産の「杉」で作る、木工教室を開催することになりました。

 

 

ということで、「感謝祭」の詳細と申し込み方法を記載いたします。

 

================================= 

開催日:2016年7月30日(土) 雨天決行(荒天中止)

開催時:9:30~受付開始 10:00~15:00(最終受付14:00)

    開催時間内 自由時間参加・自由時間解散

場 所:有限会社田村材木店 天然乾燥施設 日光市豊田381-4

    駐車場はお隣のカインズホーム様駐車場を御利用ください。

参加費:無料(木工キット・飲食コーナー<わたがし・かき氷など> 

       全て無料です。)

準備品:基本手ぶらでOK。鉛筆・定規があればお持ちください。

    キット・工具等一式準備しております。

    工具にも限りがありますのでMyかなづちをお持ちの方はご持参ください。

    飾り棚を御希望の方は、蝶番用の+ドライバーがあればご持参ください。

そのた:午前中は大変混み合うと予想されます。

    12:00以降の御来場をおすすめします。

製作品:木工キットは事前申し込みとなっております。

    「子供椅子」「飾り棚」「ハンガーラック」を

    お一人様につきどれか一つ製作することが出来ます。

    2名でご参加の場合はどれか2つ。3名は3つ。

    参加年齢に関係なく1名につき1つとさせて頂きます。

    勿論5名で1つとかでもOKです。

    木工キットでのお持ち帰りは出来ません。

    当日製作したもののみお持ち帰り頂けます。

    必ず事前に参加者名・参加人数・作りたいキット名及び数量を

    お申し込みください。

 

【参加条件】

親子で参加できる人。個人参加は×です。

木が大好きな人。(特にスギw)

欲張らない人。

クレームをつけない人。

製作品をお持ち帰りできる人。

当日の木工作業写真を顔出しで公開してもOKな人。

 

================================= 

【お申し込み方法】

① 弊社ホームページの「お問合わせ」からお申し込みください。

② 氏名・住所・連絡先を御記入ください。

③ 必要事項をお問い合わせ内容の欄に下記の通り御記入ください。

   1)参加人数  大人  名 ・ 子供  名

   2)希望木工キット   子供椅子     SET

              飾り棚      SET

              ハンガーラック  SET                           

 

※荒天等、急遽中止となる場合もあります。その際はHP上にも記載いたしますが、お申し込みの際には、必ず連絡の付く電話番号を記載してください。

お申し込み受付後、順次お申し込み頂きましたメールアドレスに受付完了の御連絡をいたします。

 

 =================================

大変申し訳ありませんが、準備している木工キットの数量に達した時点で

順次お申し込み受付を終了させて頂きます。

お申し込み状況を随時更新いたしますが、予告無しに終了になる場合もございますので予め御了承ください。

 

楽しい一日になるよう、社員一同心よりお待ちしております。 

ふたご

大きな大きなふたご丸太の製材を仰せつかりました。

 

 

DSC_0124

 

直径80センチの仲良しふたごさん、計180センチ程の大きな杉の丸太が2本。

 

 

 

 

こちらは日光市内のとある神社の御神木の元玉(もとだま)で、樹齢は推定200年超。

やむなく伐採となった様ですが、根元の繋がり部分を生かして広い盤を取りたいとのことで賃挽き製材を承りました。

 

 

DSC_0125

 

両材ともに年輪に沿ってひび割れが入っています。

これは「目廻り」といって、樹幹が強風で揺らされ、根元に集約された力によってできた年輪の剥離で、

樹齢の高い原木にはしばしば見られる現象・欠点です。

 

 

 

想像に容易いと思いますが、製材すると目廻りからポロリと割れてしまいます。

ですので、できるだけ目廻りを避けたり・直行しないように製材する必要があるのです。

 

 

 

 

DSC_0126

 

DSC_0128

 

 

これだけ大きくて短い材は台車に入れるだけで一苦労。

 

 

 

DSC_0130

 

通常では有り得ない方向性で丸太が台車に乗っています(笑)

普通は小口を横に向けて丸太が寝た状態で製材をしますが、今回に限っては安定性が非常に悪く危険な為、立ってもらう事に。

 

 

 

目廻りがだいぶ心配ですが、ノコを入れてみましょう。

 

 

DSC_0133

 

 

DSC_0134

 

 

DSC_0143

 

 

DSC_0148

 

中杢が3度あらわれる様な、普段見ることのない奇妙な杢目に見入ってしまいました。

 

 

 

二本目はこんな乗せ方!!

アクロバティーック!

DSC_0155

 

 

DSC_0167

 

ふたご丸太、製材を初めてしましたがとてもデリケートでした。

 

ふたつの丸太が接続されているので巾が異常に広くなるのですが、その分巾方向で強度が弱くとても折れやすく、製材後定盤に倒れただけで真っ二つに割れた板もありました。

しっかり乾燥させれば強度も上がってくるとは思いますが、扱い難い印象は否めません。

 

 

 

 

今回、大径木を製材するにあたり外注製材となりました。

日常的に末口3尺クラスの堅木を挽いている協同組合です。

長さ11M、元口4尺まで挽けるというのですから驚きです、関東近辺各地から製材依頼があるそうです。

 

 

 

 

そんな製材工場にあって弊社にはない設備がこちら↓

 

DSC_0150

 

帯鋸に油を吹きかける為の噴霧口が設置されています。

 

鋸焼けを防ぐために製材中ずっと噴霧していました。

弊社の場合は折を見て油漬けのタオルを鋸に押し当てる程度ですが、主に広葉樹を製材している製材機には必須の設備なのでしょう。

 

 

おまけ♡ ボタンフェチのあなたに。

DSC_0151

 

 

BY:のみ杉